【3週間でマイナス127,000円】株で失敗・初心者がスイングトレードした結果

株って儲かるんでしょ?
自分も株で一儲けしたい!

株を買ったことがない人の中には、このように思っている人がいるのではないでしょうか?

株で何十万儲かった!とか、株で資産が1億円超えました!という話を聞くと、株ってそんなに儲かるんだ~と思ってしまいますよね。

現在は、証券口座を持っていれば誰でも簡単に株が買えるので、株で一儲けしようと思う人も多いと思います。

しかし、現実はそんなに甘くありません。

今回は、私が実際に株で損をした時の事を記事にまとめました。

これから株を始める人にとって、反面教師として知っていただき、私のような失敗を避けていただけたら幸いです。

ちなみに、タイトルのスイングトレードとは、短期間(数日~数週間)で株の売買を行って利益を出すことを目指すトレード方法です。

本記事の内容
  • 初心者がスイングトレードをした結果
  • なぜこの銘柄を買ったのか
  • なぜ早い段階で損切りできなかったのか
  • この失敗から学んだこと
  • まとめ

 

管理人きっとについて
  • 2015年に楽天証券で口座開設
  • 投資のメインは投資信託の積立投資
  • 2020年から国内株式のスイングトレードを始める

それでは、いってみましょう!


初心者がスイングトレードをした結果

名前は伏せますが、こちらが私が買った銘柄のチャート(日足)です。

このチャートは、1日ごとの株価の推移を表したものです。

このチャートに売買したタイミングと株価を記入します。

私がこの銘柄を購入したのが赤矢印の時。株価は3,940円です。

100株購入したので、購入価格は394,000円です。

そして、売ったのは青矢印の時。株価は2,675円です。

売却価格は267,500円です。

その結果、

267,500円-394,000円=-127,000円

なんと、127,000円のマイナスです。

わずか3週間で127,000円を失ってしまいました。

なぜこの銘柄を買ったのか

この銘柄を買った理由
  • 決算がよかった
  • 決算後に株価が上昇した
  • 直近のチャートが上昇傾向に見えた

この銘柄を買った一番の理由は、決算がよかったということです。

経常利益の予想を約44%上方修正したことや、過去最高益予想などを決算で発表しました。

その翌営業日、決算内容が良かったことを受け、株価は230円も上昇しました。

私が買った前日です。

また、決算が発表されるまでの数日間も、少しずつ株価が上昇していたので、決算がよい+株価が上昇傾向

ということで、ここからも上昇が期待できると思って購入しました。

なぜ早い段階で損切りできなかったのか

損切りできなかった理由
  • すぐに上がるだろうという根拠のない予想
  • 損を確定したくない
  • 損切りのルールを決めていなかった

株で大損する大きな理由の一つは、損切り(含み損を確定する)ができないことです。

損をしたくて株を買う人はいません。株価が上がるだろうと信じて買うのです。

実際に株を買った後、株価が下がってしまい含み損がどんどん膨らんでいく状況になることがあります。

損を確定したくないので、損切りせずに放置していると、最悪の場合、株価が下がり続け、含み損が増えていきます。

含み損に耐えられなくなり、結果的に売ることになってしまい大損するケースが多いと思います。

今回の私は、すぐに上がるだろうと根拠のない予想(期待)をしていました。

それでも株価が下がると、損を確定したくない気持ちになり、上がるまで待とうと思い売ることができません。

しかし、逆に株価はどんどん下がっていきます。

最終的に損切りしたのは、含み損が10万円以上になり、これ以上、含み損が増える恐怖に耐えきれなくなったからです。(結果的には、その後株価が上昇することになりました...)

含み損が10万円以上になるまで損切りできなかったのは、明確な損切りルールを決めていなかったからです。



この失敗から学んだこと

失敗から学んだこと
  • 明確な損切りルールを決める
  • 損切りルールを徹底して守る
  • 根拠のない予想をしない

今回の大損の1番の理由は、損切りルールがなかったことだと思います。

銘柄を買う前に、株価がどれくらい下がったら売る!という明確なルールを決めていれば、今回のような大損は避けられました。

まずは損切りルールを決め、絶対厳守です。

また、根拠のない予想で株を購入、保有してしまったことです。実際に株のスイングトレードで利益を出している方々は、MACDやボリンジャーバンド、その会社の業績や将来性など、いろいろな指標や業績情報などを研究、分析しています。

そのような努力をしなければ、株のスイングトレードで利益を出すことは難しいということです。

たまたま利益が出せたとしても、継続的に利益を出すことは難しく、私のように最終的に大損してしまうことになります。

俗にいう、「コツコツドカン」というやつです。(コツコツ利益を積み上げて、ドカンと一気に損をする)

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事にまとめたように、私のような初心者がスイングトレードをすると、大損する可能性が高いのでおススメしません。

おススメしない理由
  • 初心者ほど、根拠のない予想で株を買ってしまう。
  • 損切りできない

この2点が初心者が大損する理由だと思います。

逆に言えば、チャート分析や企業分析を勉強し、適切な損切りルールを設定・厳守すれば、スイングトレードでも利益が出せる可能性が高いということでもあります。

私は利益が出せるスイングトレードを目指して勉強中です。

スイングトレードは、しっかり勉強してから行いましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



ランキング参加中!

応援よろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-投資
-,