【2021年6月版】つみたてNISAの積立銘柄と運用状況を公開

つみたてNISAを始めてみたいけど、何も知らずに始めるのは不安…

少額から非課税で投資ができるつみたてNISA。

やってみたいけど、大事なお金のことなので始めるのが不安だと思っていませんか?

また、つみたてNISAを始めたばかりで、日々の価格の変動が気になる!と言う方もいるかもしれません。

本記事では、私のつみたてNISAの運用状況(運用期間17ヶ月)を公開します。

本記事を読んで運用状況を知ることで、つみたてNISAを始める不安を小さくすることができます。

管理人きっとについて

  • 2015年に楽天証券で口座開設
  • 2020年に一般NISA口座→つみたてNISA口座に変更
  • 2020年2月から年間40万円をつみたてNISAで買付

結論から言うと、2021年6月までの運用状況は良好です。

つみたてNISAの資産額は、実際の投資額の+176,109円(+29.35%)です。

それでは、実際の数字とグラフを使って運用状況を見ていきましょう。

※つみたてNISAの概要については金融庁のホームページで確認してください。
(金融庁ホームページ:つみたてNISA)

つみたてNISAで絶対にお金が増えると保証している記事ではありません。
投資は自己責任でお願いします。

つみたてNISAの積立銘柄と運用状況を公開

さっそくですが、こちらが2020年2月から2021年6月までの運用状況です。

運用状況

  • 積立金額:599,996円(実際に投資した金額)
  • 評価額:776,105円
  • 評価損益:+176,109円
  • 評価損益率:+29.35%

積立銘柄は以下の3つです。

積立銘柄
運用状況グラフ

それぞれの運用状況は以下の通りです。

【楽天・全米株式インデックス・ファンド】
買付期間
2020年2月~7月 / 月11,111円
2020年8月、11月~2021年6月 / 月16,666円

運用状況

  • 積立金額:216,660円(実際に投資した金額)
  • 評価額:276,066円
  • 評価損益:+59,406円
  • 評価損益率:+27.41%
運用状況
運用状況グラフ

【eMAXIS Slim 先進国株式インデックス】
買付期間
2020年2月~2020年7月 / 月11,111円
2020年9月、10月 / 月16,666円

運用状況

  • 積立金額:99,998円(実際に投資した金額)
  • 評価額:142,755円
  • 評価損益:+42,757円
  • 評価損益率:+42.75%
運用状況
運用状況グラフ

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
買付期間
2020年2月~7月 / 月11,111円
2020年8月~12月 / 月23,334円
2021年1月~6月 / 月16,667円

運用状況

  • 積立金額:283,338円(実際に投資した金額)
  • 評価額:359,040円
  • 評価損益:+75,702円
  • 評価損益率:+26.71%
運用状況
運用状況グラフ

短い期間を切り取ると減少している部分もあります。

しかし全体的に見ると、評価額はどの銘柄も少しずつ右肩上がりに上昇しています。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低かったり分配金が再投資型だったりと、長期の積立・分散投資に適している投資信託・ETFです。

そのため、長期的にみれば評価損益はプラスで推移していくと期待できます。

それに、売却時の利益に対しては非課税です。

つみたてNISA口座ではない場合、売却益に対して20.315%の税金がかかります。

税金がかからないことが、つみたてNISAの1番の魅力ですね。

つみたてNISAの注意点

つみたてNISAを始める時に考えておきたい注意点は以下の4つではないでしょうか。

注意点

  • 限られた投資信託やETFしか購入できない
  • 売却時の損が出た時に、損益通算や繰越控除ができない
  • 売却時に暴落が起きた場合、損をする可能性がある
  • 短期間での大きなリターンは期待できず、長期保有しなければならない

4つの注意点を挙げましたが、私の考えは

  • 限られた投資信託やETFしか購入できない
    →厳選された商品から選ぶことができる
  • 売却時に損が出た時に、損益通算や繰越控除ができない
    売却時に暴落が起きた場合、損をする可能性がある
    →長期保有が目的の為、あまり気にしない(気にしてもしょうがない)
  • 短期間での大きなリターンは期待できず、長期保有しなければならない
    →長期目線で積立設定してしまえば、あとはほったらかしでよい

未来のことは誰にも分かりません。

しかし、日本や世界の経済は、人々が経済活動を続ける限り、右肩上がりに成長していくのではないでしょうか。

そのため、長期保有を前提とした場合、売却時に損が出る心配はほとんどないと思っています。

目先の損益に一喜一憂せず、長期的な目線でのんびり積み立てていくことが大事です。

最後に

今後もつみたてNISA口座で以下の銘柄を積立していきます。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド / 毎月16,666円
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) / 毎月16,667円

これからも、このブログで毎月運用実績を報告していく予定ですので、参考にしていただければ幸いです。

また、つみたてNISA以外にも少額ですが、毎月特定口座で投資信託(iFreeレバレッジNASDAQ100)を積立しています。

こちらも運用状況をブログで公開しています。

【記事一覧】積立投資

最後に本の紹介です。

つみたてNISAを始めようかどうか迷っている方、この本を読めばきっと不安が解消されるはずです。

著者:水瀬ケンイチ
出版社:フォレスト出版
発売日:2017年12月18日

楽天証券の場合、楽天ポイントを使って投資信託を買うことができます。

こちらの記事も参考にどうぞ。
【ポイント投資】楽天ポイントを使って気軽に投資を始めましょう

ランキング参加中!

応援よろしくおねがいします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-つみたてNISA, 投資
-